世界の笑顔に出会いたい

写真家・高橋美香のブログ。 公園にいたノラ猫のシロと暮らす。 カメラを片手に世界を歩き、人びとの「いとなみ」を撮影。 著作に『パレスチナ・そこにある日常』『それでもパレスチナに木を植える』(未來社)『パレスチナのちいさないとなみ』(共著、かもがわ出版) 写真集に『Bokra 明日、パレスチナで』(ビーナイス)

カテゴリ: クルド難民のお母さんがつくるオヤ

もうため息が出るほど時の流れが速く、バタバタバタバタしているうちにあっという間に2022年も4分の1が過ぎ去ろうとしている。

ここ最近だけでも、ビリン村のママが亡くなり(ブログでしっかり書くべきだと思ったが、余裕がなくて、結局ツイッターで感情垂れ流しで終わっている)、オサマさんが殺された日が近づき(4・6)、いつもみなさんの応援によって頑張っている、クルド友人宅のムスメは大学三年生に進級した。

ツイッターにも綴ったが、制度の壁によって、自分の将来の道をこの国で簡単に切り拓いていくことの難しさを感じながら、苦しみながら、それでも「夢は大きく持っていてもいいよね?」と、自分に言い聞かせるように、この制度の壁に阻まれて苦しむひとたち(本人や家族を含めて)が、この日本で生きていくための支えや助けになれるような仕事に就いて、自分が育った国、この日本で働いて生きていきたいと、いや生きていけると信じて頑張っている。

制度の壁をつくって、苦しめている社会の一員であることを強く自覚しながらも、当面、私が友人一家にできることは、ムスメが大学を卒業するまで、とにかく学費をサポートすること、学費を得るためにおかあさんが懸命に編んでつくっているオヤのスカーフやアクセサリーを、ひとりでも多くの方に届けること。

とはいえ、このことばかりやっているわけにはいかないので、みなさんの寛大なお心にすがりながら、預かってきたオヤを紹介している。

今回は、ネックレスを一本一本取り出して、撮影して、仕舞ってという作業に手がまわらないので、昨年のオヤの「お楽しみ袋」をヒントに、スカーフとネックレスだけの「お楽しみ袋(6500円、送料込み)」を用意しました。(写真家を名乗りながら、スマホで工夫もなくザッと撮影したショボい写真ですみません。言い訳がましいけど、余裕がない。シロの毛がつくので丹念に広げて撮る場所もない)

IMG_0635
IMG_0636
IMG_0632


1.写真(1,2枚目)からスカーフをお選びください
2.ネックレスはこちらで選んでセットします。ただし、どうしてもこの色が好きではないとか、要らないとか、「紺か緑か茶色がほしい」というようなザックリしたご希望などには、お応えすべく努めます。写真(3枚目)のネックレス(全容はご覧になれませんが)から、そのようなご希望をお聞かせください。

お申し込み先:
mikairv★gmail.com(★を@に変えて)

発送までの流れをご説明いたしますと、
1.ご希望を上記のメールアドレスにメールしてください。お問い合わせのみでも大歓迎です。
2.在庫を確認後、お振込先をご返答します。
3.お振込いただいたことを必ずご一報いただき、確認次第、発送いたします。送り先をご教示ください。
4.恐れ入りますが、無事に届きましたらご一報いただければ幸いです

※「お楽しみ袋」のお申し込みは4月10日まで

ご注文をお待ちしております。

また、下記の古書ほうろうさんでは店頭と同店オンラインショップで通常の販売もしてくださっています。スカーフの在庫はなくなりましたが、ネックレスとブレスレットがあります。「品物は自分で選びたい」「ネックレスだけでいい」などなどの方は、引き続きこちらをご利用ください。

4月半ばには、現在拙宅にある品物を古書ほうろうさんにお預けする予定です。私の方では、古書ほうろうのミカコさんがしてくださっているような、丁寧な検品、計測、撮影、梱包などは一切できませんので、それらをご希望の方も、ぜひとも4月半ば以降に古書ほうろうさんをご利用ください。

Twitter
古書ほうろう @legrandsnes
古書ほうろうの窓辺喫茶 @mampukutei

HP
https://horo.bz/

お店のオンラインストアでクルドのおかあさんのオヤやパレスチナの刺繍クラフトなどが購入できます。ぜひこちらもご活用ください。
https://koshohoro.stores.jp/

現時点では、ワタシの方では通常の単品販売はおこないません(ただし、常日頃よりお世話になっている友人知人のみなさま、リピーターのみなさまはこの限りではありませんので、お気軽にお問い合わせください)。

最後にひとつだけ。オヤをお求めくださるのに合わせて、オサマさんのご遺族遺児への育英金を一緒にお寄せくださっている方々に、心より感謝を申し上げます。オサマさんのご命日にあわせて、今年もご遺族へのサポート、主に遺された子どもたちが安心して(当面、とりあえず)高校卒業までの学業を続けられるように、ご遺族に「絶対に忘れないよ」という気持ちを示すために、可能な限り、毎年続けていきたいと考えているものです。昨年ご遺族への「お見舞い」をお寄せくださった方、もちろん新たにお力添えくださる方、よろしければご一緒に。育英金は、殺されたオサマさんの弟さんである、十条でパレスチナ料理店ビサンをいとなむスドキさんに、今年もお預けします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

昨日、数か月ぶりにクルド友人一家のムスメと会って(お互いに戦々恐々としながら)お茶をしてきた。マスクを外して飲み食いするときは極力喋らず、短時間で終わらせようと思ったが、いろいろ話を聞いているうちに一時間が経っていた。

ビザの切り替えの件がうまくいっていないらしい。「審査中」としか答えてもらえないのに、現在保有しているビザの期限が切れそうになっている。留学生ビザをあきらめるべきか、あきらめてしまったら彼女の学部の多くのひとが参加する二~三年次の海外研修の夢が断たれる。いま発給されているビザでは一度海外に出ると再入国が難しい。くわえて、「いま、周囲の話では多くのひとがビザの更新を却下され自国に帰ることを余儀なくされている。私はいつまでここにいられるのかな?他の国で人生を一からやり直すことも考えなきゃいけないのかな?」とつぶやく。彼女が育ったのは、まぎれもなくこの国だ。幼かった彼女に、どんな選択肢があったというのだろう?

前を向こう。ワタシがいまできることは、彼女のために来期の授業料を少しでも多く集めること。昨年の今ごろ、多くの方にご協力いただいて、入学金と前期分はみなさまのおかげでまかなえたのだった。後期分はご家族で用意された。もちろん、親戚への借金を含むものではあるが。

ということで、今回はできれば今月または遅くとも来月中にはまとまった金額を用意する必要があるため、「オヤのお楽しみ袋」という試みにより、クラウドファンディング的に、AコースまたはBコースというふたつのコースをご用意して、ご支援の?ご購入の?金額に応じて、オヤをお送りするということを考えてみた。

472

・Aコース 7500円(限定12セット)送料込み【スマートレターでの発送】レターパックや宅急便をご希望の方は差額を申し受けます。
内容はスカーフ、ネックレス、ブレスレット、ストラップ(チャームとしてお使いください)通常価格8980円(送料、手数料込)のところ、上記の特別価格
1.下記の写真からスカーフをお選びください。
2.ネックレス(この色だけは嫌、できればこの系統の色をという程度のご希望は承ります。基本的にはこちらにお任せいただきます。)、ブレスレット、ストラップはこちらでお選びしてセットします。
※写真は一例

475

・Bコース 3000円 送料込み
内容はネックレスとストラップ(通常価格は3480円送料手数料込)
ネックレス(この色は嫌、できればこの系統の色をという程度のご希望は承ります)とストラップはこちらで選んでセットしてお送りします
※写真は一例

スカーフはこちらからお選びください
479
480
481

ネックレスご参考までに
478


お問い合わせ、振込先等の詳細につきましては、恐れ入りますが、mikairv★gmail.com(★を@に変えて)までご連絡ください。

発送までの流れをご説明いたしますと、
1.ご希望のコースを上記のメールアドレスにメールしてください。お問い合わせのみでも大歓迎です。
2.在庫を確認後、お振込先と金額をご返答します。
3.お振込いただいたことを必ずご一報いただき、確認次第、発送いたします。送り先をご教示ください。
4.恐れ入りますが、無事に届きましたらご一報いただければ幸いです

ご注文をお待ちしております。

また、下記の古書ほうろうさんでは店頭と同店オンラインショップで通常の販売もおこなっております。「品物は自分で選びたい」「ネックレスだけでいい」などなどの方は、引き続きこちらをご利用ください。2月末まで。

現時点では、ワタシの方では通常の販売はおこないません(ただし、常日頃よりお世話になっている友人知人のみなさま、リピーターのみなさまはこの限りではありませんのでお問い合わせください)。ご注文が限定数に満たない場合は、可能であれば三月以降の販売を考えております。

さて、どうなりますことやら。とりあえず、様子を見ながらスタートします。
*****************************************
開催中の写真展のご案内
 
写真展『パレスチナの人びと』@古書ほうろう
台東区池之端2-1-45

1月13日(水)~2月28日(日)
12時から20時(月火定休) 
窓辺喫茶は月火水休
ただし会期中でも感染状況により休業の可能性もあります。お店のHPやツイッターをご確認ください。
Twitter
古書ほうろう @legrandsnes
古書ほうろうの窓辺喫茶 @mampukutei

HP
https://horo.bz/

お店のオンラインストアでクルドのおかあさんのオヤやパレスチナの刺繍クラフトなどが購入できます。
ぜひこちらもご活用ください。
https://koshohoro.stores.jp/

ワタシからのお願い
写真展は無料ですが、コーヒーやチャイやおやつなど窓辺喫茶を利用してひと息ついたり(テイクアウトも可能、すぐ近くには上野公園不忍池があります)、店内外の本を買ったり、クルドのおかあさんのオヤを買ったりしてもらえると嬉しいです。ついでにワタシの著作やポストカードを買ってもらえると、それもまたワタシが個人的に嬉しいです。

四冊の拙著どれでも(新本・古本問わず)ご購入いただいた先着6名様にポストカード一枚をプレゼントします。ショボくてすみません。モロッコ4枚、パレスチナ2枚です。

感染状況拡大のこの時期に、なんの躊躇もなく「足をお運びください」と申し上げることは、なかなか難しいのですが、もしお近くにご用事があったり、気分転換にお散歩したくなったり、またお近くの方はぜひともお立ち寄りください。

どんなお店も事業所も、この状況の中で、お店を開ける、閉める、そのご決断はとても重いものであろうことが想像されます。懸命に対策を重ねて、今日も「そこにあった決断」に思いをはせます。やはり、お店が開いている限りは、「足をお運びください」と言いたいです。もちろん、ワタシに言われるまでもないことですが、みなさん、ご無理のないように。まずは、ともかく命とからだと心を守りましょう。

でも、お店にふらりと本を探したり、棚をのぞいたり、喫茶を楽しんだりするために立ち寄られた誰かの心になにかを残せたらいいなと、あらためて思います。


497

497
498
499
500
501
502
503
504
505

昨年冬に、クルド友人宅ムスメの大学合格をお伝えしました。その節は入学金と前期授業料のために多くのみなさまにオヤの購入とカンパをお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。

しかし、ちょうどそのお金を渡しに行った二月を最後に、気になりながらも友人宅へは足を運べておりませんでした。

というのも、友人には健康保険証がありません。万が一ワタシがコロナウィルスの無症状感染者で、保険証のない友人に感染させてしまうと…と思うと、恐ろしくてなかなか行くことができません。しかも、一家の事情からお母さんは昨年冬から「半年くらいはオヤの製作は難しい」とのこと。おまけに自分自身の体調不良。じゃあ、無理していくのはやめようねーということになっていました。

昨夜7か月ぶりに一家を訪問。ムスメの入学式はなく、前期授業もGW明けから。しかも前期授業がすべてオンラインになったことは聞いていました。許可された範囲内でアルバイトに励んで本人も学費に充てていますが、奨学金がないと、とても続かないということも。

昨夜ムスメに会って、じっくり話を聞いてきました。奨学金を申請するのにも日本国籍または永住権、もしくは留学生ビザが必要とのこと。しかし、彼女はどれにも当てはまりません。実質、公的な奨学金への道は閉ざされています。留学生ビザを申請しましたが、却下されてしまいました。

奨学金にしても、インターンシップへの申し込みにしても、日本人でもない、永住権もない、かといって外国人留学生でもないという状況が、壁として立ちはだかっています。

後期の学費も重くのしかかっています。

「そんなの、日本人にだって、いくらでも困難を抱えている子がいる」と先日きつい口調で言われました。もちろん、そうです。でも、よほどの財力や才覚や行動力を持つ人以外に、誰が「困難を抱えているすべての人」のサポートをできるでしょうか?ワタシは、たまたま友人となったひとがクルド人で、一家には勉強が大好きな努力家のムスメがいて、たまたまその子ととても気が合って、広島のうちの実家まで二人旅をしたり、決して長いとは言えない7年の年月の中で、繰り返しときを共に過ごし、語り、心から彼女と一家を大切に思うので、できることがあるなら行動したいし、自分の能力では足りないから、みなさまのお知恵やお力をお借りしているわけです。誰もが、そんな風に、サポートを必要としていることに気づいた誰かのことを応援していければ、それでよくないですか?その気のない方にまで、お願いしているわけではありません。

日本人だから、○○人だから、ワタシには、あまりそういう意識はありません。もちろん、一家と仲良くなった「きっかけ」は、彼らがクルド人だったからかもしれません。でも、いまや、ワタシにとっては、「一家がクルド人だから」付き合っているわけではありません。

本当は、繰り返し言うように、もっと大きな問題意識を持って、もっときちんと大きな問題として向き合わなければならない、この日本社会に生きる外国人に関する問題というか、それを受け止める日本社会の問題としてコミットしなければならない、する必要があることはわかっています。そういう活動をしている友人、知人を尊敬もしています。

でも、自分に「責任を持って」「覚悟を持って」「なにがああっても逃げずに向き合う」ことを問うたとき、いまのワタシにできることは、一家の友人として、一家が必要としていることの一部を手伝い、ムスメのいまと未来のために、できるだけのことを続けるということだけです。

だから、勉強会とか支援活動とか全然顔を出せていません。かたくななまでに、ほかのクルド人の方々と「出会おう」ともしていません。困難を抱える多くの方々が、必要な支援に届くようにと願いますが、自分がそのために行動しているわけではありません。そこは、本当に申し訳なくも「いまの自分には手がまわらない」としか言いようがなく。

話が長くなりました。ともかく、あと三年半は、ムスメが勉強を続けられるようにサポートしたいです。

いま彼女は、大学の授業、アルバイトとあわせて、日本語が不自由な方々のために通訳ボランティアをしています。「この前ね、初めて仕事として通訳の依頼が来たんだよ」と、とても嬉しそうでした。

困難はヤマほどあるけれど、数か月会わないあいだに、また一段と成長している姿に、胸が熱くなりました。困難を知るからこそ、他人の困難にきちんと向き合える、彼女をみていると、そんな大人になりつつあることに気づかされます。

引き続き、みなさまの応援をお寄せいただきますよう、お願いいたします。

そんなわけで、またもや、恒例のオヤの新作のご紹介です。売り上げはムスメの学費に充てられます。

値段については
スカーフ 3500円
ネックレス 2000円
ブレスレット 2000円
ストラップ 1000円

現在、送料実費のほかに一件(一回の発送という意味)につき発送手数料300円を申し受けておりますことをご了承ください。

以前は、完全無償ボランティアでおこなっておりましたが、お問い合わせ、ご注文対応、お振込確認、発送作業にかかる手間を鑑みて、私自身も負担を軽減して長く続けていくためにも、恐縮ですが申し受けることにしました。お許しください。ただし、拙著またはパレスチナポストカードセット(10枚組600円)をあわせてご購入いただく場合は、この手数料はいただきません。双方あわせた送料実費は頂戴します。

お問い合わせ、振込先等の詳細につきましては、恐れ入りますが、mikairv★gmail.com(★を@に変えて)までご連絡ください。

発送までの流れをご説明いたしますと、
1.上記のメールアドレスにメールしてください。お問い合わせのみでも大歓迎です。
2.在庫を確認後、お振込先と品代+送料+手数料300円を合わせた金額をご返答します
3.お振込いただいたことを必ずご一報いただき、確認次第、発送いたします
4.恐れ入りますが、無事に届きましたらご一報いただければ幸いです

ご注文をお待ちしております。

*************************************
430


高橋美香写真展『パレスチナのちいさないとなみー働いている、生きている』開催
※感染拡大など状況によって予定はやむを得ず変更になることがあります。ご了承ください。
          
日時:10月5日(月)〜18日(日)11時~17時
会場:Guest House & Lounge FARO iwaki ラウンジ内
(いわき駅南口から徒歩5分)
https://faro-iwaki.jp/
https://www.facebook.com/faro.iwaki/


Guest House & Lounge FARO iwaki
〒970-8026
福島県いわき市平三町目8-2 やまとビル


写真展は無料ですが、会場で飲食ワンメニューオーダー必要です

会場内で著作やポストカード、パレスチナ・オリーブの商品(オリーブオイル、オリーブ石鹸、パレスチナ刺繍製品など)販売もあります

著者ふたり(高橋美香、皆川万葉さん)のトーク配信も準備中です
録画のうえ写真展会場および上映会ご来場者に専用URL配布予定

10月17日(土)には、同主催者により写真展会場近くのアートスペースもりたか屋(いわき駅南口徒歩五分)にて、古居みずえ監督『ガーダ パレスチナの詩』上映会も開催されます
◎鑑賞料: 大人 800円 高校生以下 500円(会場にて支払い)
◎定員:  各回20名(感染症対策のため、定員の約1/3の人数で実施)
◎上映回数:3回を予定
◎時間: 10:30上映開始 (10:00開場)
     13:30上映開始 (13:00開場)
     17:00上映開始(16:30開場)
◎映画『ガーダ パレスチナの詩』について
※コロナ感染症対策のため、マスクを着用の上ご来場ください
※上映終了後は毎回約1時間の換気及び、椅子の消毒をおこないます
問い合わせ先:rsead05223@yahoo.co.jp


**************************************

現在発売中の『時空旅人別冊 BANKSYバンクシー覆面アーティストの謎』に「バンクシーがパレスチナに残したもの」と題されたフォトエッセイを寄稿しました。
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11504


2019年、フェアトレードでパレスチナからオリーブオイルやザアタル、石鹸、刺繍製品を輸入販売するパレスチナ・オリーブ代表の皆川万葉さんと共著『パレスチナのちいさないとなみ』(かもがわ出版)を出版しました。パレスチナの「おしごと」をテーマにした一冊です。お近くの書店でお取り寄せが可能です。

パレスチナ・オリーブのサイト
http://paleoli.org/

読後のご感想もお寄せいただければ幸いです。
ネット上でのご投稿やご感想、レビューなどには #パレスチナのちいさないとなみ をつけてご投稿ください。

もちろん、本に挿しはさまれたハガキや、版元ページのご感想記入欄でも。

ネットでは、下記のリンク先などでご購入いただけます。

★『パレスチナのちいさないとなみ』
版元のかもがわ出版のページ
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/1026.html


アマゾンのページ
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%BF&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_2


★過去の著作★

★『それでもパレスチナに木を植える』(未來社)
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624411022
 
アマゾン
http://amzn.asia/bUm0U7i 


★『パレスチナ・そこにある日常』(未来社) 
版元の未來社のページ
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624410919

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83p%83%8C%83X%83%60%83i%81E%82%BB%82%B1%82%C9%82%A0%82%E9%93%FA%8F%ED&x=10&y=21

★写真集『ボクラ・明日、パレスチナで』(ビーナイス)
http://www.amazon.co.jp/ボクラ(Bokra)%E3%80%80明日、パレスチナで-ビーナイスのアートブックシリーズ-高橋-美香/dp/4905389275/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1421878540&sr=8-2&keywords=ボクラ%E3%80%80明日

版元ビーナイスのページ
http://benice.co.jp/index.html

すべて、最寄りの書店でお取り寄せ可能です。

著者のサイン入りをご希望の方は、
mikairv★gmail.com(★を@に)までご一報ください。
ただし、この場合恐れ入りますが、本代と送料実費を頂戴します。

以前からみなさまにもおかあさんがつくるオヤのスカーフやネックレスなどを購入することでご支援いただいてまいりましたクルド友人宅ムスメの大学合格が発表されました。

初めて出会った6年前より、いままでずっと努力を重ねてきました。母語でもない教科書を開き、静かな自分の勉強部屋があるわけでもない、塾に行けるわけでもない、高校生になってからはずっとバイトを続けながら、懸命に重ねてきた努力の積み重ねです。自分のムスメのような年頃の年若い彼女を、本当に尊敬します。

難民として認められることも、安心してここで生きていくことも叶わない、不安定な立場のまま、頑張り続けています。「勉強すれば、未来が開けるかも」という、その一心です。本人のせいではない苦難を背負い、限られた選択肢のなかで、たくさん悩みながらここまで歩んできた姿を、たった6年間ですが、みつめ続けてきました。

勉強して、成績さえあげれば、なんの支障もなく選択肢が増えていた、いまの彼女と同じ頃の自分の境遇のなんと恵まれていたことか。それなのに、ワタシは学校にも行かず、これといった努力もせず、世の中の隅っこで不貞腐れていたのでした。ま、ワタシのことはさておき。

奨学金を受けて、なんとか進学したいと望む本人、そしてムスメの希望を叶えてあげたいと望まれるご両親ですが、日本国籍や永住権や適切なビザがなければ、それも難しいことを、恥ずかしながら今ごろ知りました。

いまワタシができることは、おかあさんが懸命にムスメのために製作されているオヤのアクセサリーなどをひとつでも多く売ること、ひとりでも多くの方からご支援をいただくこと、自分が販売しているポストカードの売り上げを学費支援カンパに充てること。

みなさまにもお力添えをいただければ幸いです。

先日よりお願いばかりで恐縮の極みですが、ご支援、ご連絡をお待ちしております。

具体的にはワタシのポストカードセットのご購入(販売価格600円のうち半額を支援に充てます。微々たる額ですが、チリも積もればヤマとなる?)、オヤのご購入、学費支援カンパ、合格祝い等。

mikairv★gmail.com(★を@に変えて)までご連絡ください。

【追記】
本来ならば、ご支援くださる皆さまに、本人のことをもっと丁寧にお伝えするべきなのですが、難民認定を求めている一家が非常に困難な立場にあること、一家の身元特定につながるような情報公開や発信は避けていること、また本人も未成年でもありますし、そもそもご両親や本人がカンパのお願いをされているわけではなく、おかあさんは、あくまでもオヤのご購入をお願いされておりますが、正直に言って、現時点でそれだけでまとまった金額を用意するのは難しいことから、私が勝手に呼びかけている次第です。

このような状況で非常に限られた情報しかあげられない状態のなかで、信頼して、大切なお金をお寄せくださる皆さまのご厚意に、心から感謝するとともに、責任の大きさも感じ、身が引き締まる思いです。

いつか、皆さまと本人が直接語らえるような、そんな日が来ることを願ってやみません。


IMG_4726
IMG_4729
IMG_4730
IMG_4731
IMG_4732
IMG_4732
IMG_4733
IMG_4734
IMG_4735
IMG_4605

イメージ 1

パレスチナで十日間ほどご一緒した友達が先日主催してくれた十条のパレスチナ料理屋ビサンでのスライドトークにご来場くださったのは、大宮のベーグル屋さん小春日和のオーナー。その友達に先日「ベーグルを食べに行こう」と誘ってもらって行ってきました。

もともとベーグルのモッチモチ感がかなり好きなんだけど、小春日和のベーグルは本当においしい。併設されているカフェで食べるベーグル最高です。きれいなお庭も心安らぎます。

さてさて、本題。その小春日和で今月クルドのお母さんがつくるオヤを置かせてもらい、販売することになりました。

お店のホームページ
http://www.koharubiyori-bagel.com/wp/about/

さいたま市大宮区堀の内町3-39-1
火・水・木・金の営業(土日月はお休み)
10時から18時

写真はお店からお送りいただきました。

ベーグルを購入されるついでに、オヤを手に取ってご覧いただければ幸いです。

↑このページのトップヘ